ネットビジネスを始めるにあたって、最初からクーリングオフを考えて取り組む人はいないかと思いますが、「自分には合わない」「思ったものと違う」などの理由でクーリングオフを希望する人はいると思います。

マネーズライクは比較的すぐに成果が出ることを特徴のひとつとしているので、ある程度で手ごたえがない場合クーリングオフや返金ということになるのかと思いきや、実はクーリングオフの対象にならない場合がほとんどです。

これはマネーズライク側がどうこうというものではなく、ネットビジネスという性質によるものです。

クーリングオフや返金とならず、無事ビジネスが成功することがもちろんベストなことではあります。ただタイミングや色々な事情などでそう上手く歯車がかみ合わないケースもあるでしょう。その場合どうしたらいいかも、マネーズライクに関する返金情報や通例などから考えたいと思います。

マネーズライクはなるべく長く続けたい、返金は相手の出方にも合わせて

マネーズライクは短期間で収入を作りやすいことだけではなく、長く続けていくことでその稼ぎ幅を大きくすることができるのも特徴です。当面は理想の金額にならなくても、辛抱強く日々続けていけば突然花開くこともあるでしょう。

クーリングオフが利かないのであれば、とことん長く続けていくべきだと思います。そして、クーリングオフと返金は別物として、結果的に全然稼げなかったときに別個返金相談をすることはできるかと思います。

返金に関してはその業者側のスタンスに拠る部分が大きいかと思いますが、ちょっとしたことですぐ炎上するこの時代では無碍な対応をされる可能性は低いと思います。だからといってむやみに返金を迫り、相手を強硬な姿勢にさせるようではいけません。

返金対応をするときに重要なことは何か、何点か抽出してみたいと思います。