タグ: マネーズライク

マネーズライクの初期費用はどのくらい必要なのか、詳細を教えます

アルバイトやパートなどで副収入を得ている人でも、新型コロナウイルスの感染拡大などの理由から、その仕事を在宅に切り替えたいという希望を持っている方は多いと思います。

在宅ワークとなると専門的な知識が必要ではないか、前準備が大変なのではないかといった危惧を持たれがちですが、最近のネット副業は必ずしもそういった条件があるわけではありません。

特に最新のネット副業はスマホアプリなどでも仕事ができることから、その利便性と、前準備の不要さがウリとなっています。

今回取り上げます「マネーズライク」もそのひとつです。

マネーズライクは、始めるにあたって初期費用が必要になります。

その金額の詳細や、他のネット副業と比較した印象などを記していきたいと思います。

マネーズライクの初期費用が現在プライスダウン中!

副業を始めるための初期費用はなるべく低めにおさえたいところですが、マネーズライクは今このタイミングがベストとなっています。

元々59800円だったものが、現在12000円へとプライスダウンされています。

一気にこれだけ値下げされたのは、広告費をかけて大々的に宣伝するよりも、敷居を下げることで参加者を集めてその良さを知ってもらい、口コミなどで少しずつ拡大させていく方針が伺えます。

これ以上の値下げはあまり期待しないほうがいいかと思うので、マネーズライクに興味を持つ人はこのチャンスを掴まない手はありません。

もしこの機会にマネーズライクを知った人は、金額に魅力を感じたのであればもっとマネーズライクの中身を知ってほしいと思います。

その上で、副業として自分に合ったものだと判断したら、ぜひ始めてみていただきたいと思います。

関連記事にマネーズライクについて書いたものがいくつかあるので、そちらをご参照ください。

(初期費用の有無に関する是非はまた別の機会にお話したいと思います)

マネーズライクの初期費用は他のネットビジネスよりも格段に安い?

初期費用については次のところでも詳しく説明しますが、やはりマネーズライクは他のネットビジネスと比較しても初期費用は格段に安いのではないかと感じています。

一般的にはネットビジネスにかかる初期費用は2つのパターンがあります。

一つはツールなどの使用にかかる費用です。

これは最初に払うケースもあるでしょうし、使用頻度に応じて支払うケースもあるでしょう。

金額は各ネットビジネスによっても異なりますが、数万円~数十万円以上かかる場合もあると思います。

使用頻度に応じて支払うものであればランニングコストとしてかかってくるので初期費用とは少し違う気もしますが、このサイトでは費用全般を初期費用として説明していきます。

二つ目はノウハウを購入する際にかかる初期費用です。

コチラはピンキリで数十万円のものもあれば百万以上のものもあるでしょう。

ノウハウに価値があればあるほど高い傾向になると思います。

正直こういったビジネスは私たちのような一般人には手が出ないです。

しかし、初期費用については高いものだけではなく安いものも探せばあります。

その一つがマネーズライクだと感じています。

実はマネーズライクには注目したいある文章があります。

マネーズライクでは「月額費用」「追加費用」などは一切なしでビジネスを開始していただけます!と書いてあります。

そのためマネーズライクの初期費用は後者で発生するものだと思います。

そう考えると他のネットビジネスよりも格段に安いのではないかと思ってしまいます。

マネーズライクなら初期費用が心配な初心者の方でも安心して挑戦することが出来るのではないでしょうか。

初期費用が安い仕事と比較してマネーズライクが優れているポイント

初期費用に12000円も支払いたくない、それなら別の仕事がいいと思う人もいるかもしれませんが、実際のところ初期費用が安い仕事とはどういうものでしょうか?

初期費用が安い仕事は、総じて稼げる金額も安くなる傾向が見受けられます。

例えばいわゆる「おこづかいサイト」といわれるものは無料で始められますが、1ヶ月近く毎日頑張ったとして、数千円から1万円程度の稼ぎしか期待できないでしょう。

では高いものならいいのかというと、そうとは言い切れません。

また実際問題として、何万円も初期費用を支払って仕事をできる人というのは、ごく限れらた人になることでしょう。

それに対しマネーズライクは、ホームページにもあるように当面の目標が10万円の稼ぎとなります。

そして日々の仕事時間は10分と、とても効率的です。これなら12000円払ってもやってみたい、という人はそれなりにいると思います。

限られた時間を有効に使いたい人、ダラダラと仕事をしたくない人にも、マネーズライクはうってつけの仕事だと思います。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は返金可能?クーリングオフできない場合の対処法

ネットビジネスを始めるにあたって、最初からクーリングオフを考えて取り組む人はいないかと思いますが、「自分には合わない」「思ったものと違う」などの理由でクーリングオフを希望する人はいると思います。

マネーズライクは比較的すぐに成果が出ることを特徴のひとつとしているので、ある程度で手ごたえがない場合クーリングオフや返金ということになるのかと思いきや、実はクーリングオフの対象にならない場合がほとんどです。

これはマネーズライク側がどうこうというものではなく、ネットビジネスという性質によるものです。

クーリングオフや返金とならず、無事ビジネスが成功することがもちろんベストなことではあります。ただタイミングや色々な事情などでそう上手く歯車がかみ合わないケースもあるでしょう。その場合どうしたらいいかも、マネーズライクに関する返金情報や通例などから考えたいと思います。

マネーズライクはなるべく長く続けたい、返金は相手の出方にも合わせて

マネーズライクは短期間で収入を作りやすいことだけではなく、長く続けていくことでその稼ぎ幅を大きくすることができるのも特徴です。当面は理想の金額にならなくても、辛抱強く日々続けていけば突然花開くこともあるでしょう。

クーリングオフが利かないのであれば、とことん長く続けていくべきだと思います。そして、クーリングオフと返金は別物として、結果的に全然稼げなかったときに別個返金相談をすることはできるかと思います。

返金に関してはその業者側のスタンスに拠る部分が大きいかと思いますが、ちょっとしたことですぐ炎上するこの時代では無碍な対応をされる可能性は低いと思います。だからといってむやみに返金を迫り、相手を強硬な姿勢にさせるようではいけません。

返金対応をするときに重要なことは何か、何点か抽出してみたいと思います。